2021年現行品(左)・ 1996年バージョン(右)

現在この記事を書いているのが2021年8月ですが、25年前は1996年。
気になったので1996年がどんな年だったか調べてみると、イギリスのチャールズ皇太子とダイアナ妃が離婚したり、アトランタオリンピックで柔道家 野村 忠宏さんが金メダルを取ったり、スティーブ・ジョブズがAppleへ復帰したり、という年だったようです。
そんな頃(25年前)購入したのが、アーロンチェア1996年モデルです。
 
ハーマンミラーの保証期間は12年間ですが、それを13年以上超えている状況ですが、結論から言うと、「現行品とほとんど変わらない」状態でした!
 
 
 
アーロン、スゴっ!!
 
 
 
 それぞれの写真を貼り付けますので、参考までに比較してみてください。
(新(2021年現行品)・旧(1996年製)の順番で貼り付けます。)
 

 

 
 


 


 


 


 


 


 

購入時(1996年)から25年経って、現行品との違いは?

 

<結論>

「新旧比較して、ほとんど変化無し!」
 

<違い>

(写真を貼付します。青色丸印部分が該当箇所です。)
 
1.「背面部のボルトが少しサビた。」
(比較するとわかる程度。色がほんのり変わった程度。)

 
2.「アーム部の表面が少しテカった。」
(比較するとわかる程度。個体で見たらわからないレベル。)

 
3.「座面の張りが少し柔らかくなった。」
(比較するとわかる程度。座ってわかるレベルではありません。)
 
新 

 

 2021年8月 椅子で腰を痛める

 
こうして25年間使用してきたアーロンチェアですが、2週間程、別部屋で使用するため、アーロンチェアから離れ、別の椅子(売価3万円台のメッシュタイプのロッキングチェア)に座って仕事をしていました。それなりにストレスなく仕事をしていたのですが、1週間ほど経ったところ、いつものように仕事をしていたら突然、腰にギクッきて、一時、歩けなくなってしまいました。。。(実話です)
腰を痛めるまでの1週間でいつもと違うのは、お察しの通り、「椅子が変わっただけ」でしたので、重い腰を抱えながらアーロンチェアの回収を急ぐことになりました。

1週間で急遽、元に戻す。アーロンチェアの凄さを実感する。

 
1週間ぶりに元のアーロンチェアに座ったら、その感覚に驚きました!座り心地が全く違うんです!腰への負担、肩への負担、手の負担。1週間という私にとっては初めての「別の椅子で仕事をする」、という体験をして、初めてこの違いを感じました!
 
「やっぱり、アーロンチェアってすごい椅子なんだ!」
 
購入時は憧れのアーロンチェアを手に入れたことで浮かれていましたし、今日まで、仕事では選択肢がない状態でアーロンチェアに座っていたので、実は今までアーロンチェアを知っているようで知らなかった状態だったのです。この椅子のおかげで体への負担がなく、効率よく仕事に集中できていたことを実感しました。

店で試しに座る程度では絶対にわからない。長時間、実際に使ってから、買ったほうが良いです。

 
店頭でサンプルを目にしたり、実際に座ってみたりしたことのある方も多いと思いますが、私が実際に腰を痛めて、痛感した(笑)とおり、
「いつもの場所で、いつものデスクで、長時間、実際に座って」
この椅子の良さがわかると思います。
12年間はメーカー保証付きですし、実際は、25年経ってもビクともしませんので!
 
しばらく、リモートワークは続きそうですし、アフターコロナになっても、一度味わったリモートワークの利便性をみんな、"うまいとこ取り" するのは、目に見えてますよね?

ベッドに8時間。椅子に8時間。
人生の3分の1。
大事なモノにこそお金を使う時代。

 
15万円くらいの椅子なので、気軽に買うようなものではないですが、保証期間の12年間で計算すると、15万円÷12年÷12ヶ月÷30日=1日35円程度です。
私の場合は25年間使っているので、1日17円程度。
もし、1ヶ月に10日程度しか座らない方でもわずか、1日105円程度。実際、コンビニで買う飲み物より安いです。
 
コロナ禍でいろいろと「ノーマルというモノ」が変化し、モノへの価値観も変わってきているのを私自身、実感していますが、
自宅を出るときは、マスクを付け、しかも、その色や柄までも選ぶようになり、会議や打ち合わせは、ZOOM、Slack等でするのが日常化し、コロナ以前に毎月開催されていた「あの会議ってなんだったんだろう」と、もはや、あの頃の記憶が薄れてきています。
 
そんな中、自宅やオフィスから外出することなく仕事をすることが "日常化” し、私たちは、そのメリットも知ってしまったので、アフターコロナでも、ZOOMやSlackを使って仕事しているような気がしています。
 
だからこそ、「人生の多くの時間を共にする椅子」は、その良さをしっかりと体感し、納得した上で、「高額でも購入すべき価値あるモノ」だと思ってなりません。
25年前に思い切って買って良かった、大事なモノの一つです。
 
 

 

【緊急告知】
急遽、1週間無料レンタルします。
※先着10名様。1名様 1脚 限り。

 
 25年間座り、そして、私自身が腰を痛め(笑)、アーロンチェアの本当の良さ、スゴさを知って、それをスタッフに熱くしゃべりまくったところ、「それって、私だけじゃなくて、お客様に伝えたほうが良くない?」というスタッフがいたので、それを真に受け(笑)、期間・人数に制限はありますが、アーロンチェアを無料で1週間レンタルサービスをすることにしました。
(営業しません。優しく使い倒して、返却してください。)
 
※配送無料。
※床キズ防止マット 無料でオプション選択できます。
※現在使用している椅子と交換することが条件です。
 配送時にお引取りし、1週間大事に保管いたします。
 
<予約〜使用〜返却まで>
1.予約ページで、フォームに必要事項を記入。
2.日程決定
3.ご指定場所まで配送
4.座りまくる(1週間)
5.集荷(お預かりの大事な椅子の返却をいたします。)
 
▶▶▶予約フォームはこちらから